日常生活を脅かす、耳鳴り、めまいの症状|迅速治療でサックリ治る

原因

更年期障害による耳鳴りやめまいは、更年期障害そのものを抑えることでかなり軽減できます。そのためには普段の生活を見直すと同時に、更年期外来を受診して、適切なカウンセリングや治療を受けることもまた大事になって来ます。

» 詳しくはこちら

症状

更年期障害は40代以上の男女に多い症状です。耳鳴りやめまいの症状を訴える人が多く、病院ではホルモン療法や薬を処方し経過観察を行っています。治療と同時に生活を見直すことで症状が緩和されることもあります。まずは病院で診察を受けてみましょう。

» 詳しくはこちら

ストレスの影響

メニエール病などの耳鳴りやめまいを引き起こす病気の症状は、ストレスが原因で発生するとされています。そのため、専門のクリニックでは投薬による治療の他、心理療法によって再発を防ぐことができるのです。

» 詳しくはこちら

危険な病

多くの人が悩まされる、唐突なめまいによる症状は、耳に起こった異常によって引き起こされることがあります。耳の奥には、三半規管と呼ばれる体のバランスを保つための器官、内耳が存在します。よく多くの人が体験するめまいとして、ベッドに寝る場合や、ベッドから起き上がる場合に起きるめまいは、良性発作性頭位めまい症と呼ばれるものであり、内耳の中にある耳石が体勢の変化によって剥がれてしまい、三半規管に入り込むことで引き起こされるものです。症状は短時間でおさまり、また侵入した耳石はすぐに体に再吸収されるため、こうしためまい症は深刻な問題とはなりません。しかし、耳鳴りをともなう症状が現れた場合、こうした良性発作性頭位めまい症とは違う症状と言えます。耳鳴りが聞こえた場合、メニエール病などに罹ってしまっている可能性があるため、立ちくらみとは違う、気になる症状が現れた場合、専門のクリニックで治療を受ける必要があるでしょう。

メニエール病とは、内耳にあるリンパ液が増えすぎる事により発症することになる病です。発症することにより、吐き気を伴う強烈なめまいを引き起こすため、日常生活に影響を与えることとなります。また、このメニエール病は難聴や耳鳴りなどの症状も併発させるため、めまいに加え耳鳴りなどを感じた場合、専門のクリニックで治療を行なう必要があるでしょう。放置することで、症状が進行する場合があり、週に一度強烈なめまいに襲われるほか、耳鳴りによって重度の難聴となるなど、日常生活をまともに送れない、重大な障害となる恐れがあるのです。

Designed by CSS.Design Sample

このエントリーをはてなブックマークに追加